スポンサーリンク

【名探偵コナン】安室透の車ナンバーと車種は??実はナンバーに隠された意味があった

 

安室透 車

 

安室透(あむろとおる)は『名探偵コナン』のキャラクターの中では登場時期が遅めの比較的新キャラクターで、高い知能と運動能力、優れたルックスで、何でも器用にこなすという万能キャラクターだ。

 

私立探偵を営みつつ、黒の組織の「バーボン」としての顔、公安警察「降谷零(ふるやれい)」としての顔を持ち、「トリプルフェイス」という異名を持つ安室透は、超人というほか言いようがない。

 

『名探偵コナン』の物語の完結が近づいていると言われ始めた2018年現在だが、最新の映画『名探偵コナン ゼロの執行人』でも大活躍を見せている安室透は、最後まで目が離せない重要人物の一人だろう。

 

そんな安室透だが、ドライビングテクニックまで一流というのだから、もはや隙が無い。

 

ここでは安室透が乗っている車を紹介しつつ、安室透の車に関係する情報も紹介したいと思う。

 

1.安室透が乗っている車は「マツダ・RX-7」

 

安室透 車

 

安室透が乗っている車は、世界でも大人気の傑作スポーツカー「マツダ・ロードスター」を生み出した、マツダの「マツダ・RX-7」だ。

 

RX-7は1978年にマツダから発売され、二度の大きなフルモデルチェンジが施された後、スポーツカー需要の低下と、RX-7の特徴であるロータリーエンジンの環境対策の行き詰まりによって、2002年に生産が中止されてしまった名車である。

 

生産は中止されたものの、優れたエクステリア(外観)とスポーツカーとしての基本性能の高さから、多くのスポーツカー愛好家から好まれた車でもあり、発売当時は日本の若者やスポーツカーファンから最も愛されたスポーツカーの一つであった。

 

2.安室透の車のナンバーが「73-10」の定説説

 

安室透 車

 

安室透のRX-7はナンバーが「73-10」だが、その理由は安室の声優を務めている「古谷徹(ふるやとおる)」さんの誕生日が7月31日であるということと、公安「ゼロ」を足して「73-10」になったという説が有力である。

 

 

3.安室透の愛車がRX-7の定説

 

安室透 車

 

安室透の愛車がRX-7の理由は、『機動戦士ガンダム』の初代ガンダムの型番が「RX-78」だったからという説がある。

 

確かにRX-7とRX-78は似ているが、さらに安室透はガンダムの主人公「アムロ・レイ」の声優を務めた古谷徹さんが声優を務めているので、色々と共通点を増やしたかったのではないだろうか?

 

真相は製作者のみぞ知る所だが、このような細かいこだわりが見られるのは両作品のファンとしては嬉しい所だろう。

 

4.RX-7は走り屋が乗る車

 

安室透 車

 

RX-7は多くの走り屋がバトルする人気漫画、「イニシャルD」でも大活躍したスポーツカーで、物語の序盤から最後までメインキャラクターであり、かつ最速の走り屋の一人であった「高橋兄弟」の愛車としても有名だ。

 

兄の高橋涼介(たかはしりょうすけ)はRX-7の中でも二代目の「FC」という型を愛車にしていたが、弟の高橋啓介(たかはしけいすけ)は三代目の「FD」という型を愛車にしていた。

 

『名探偵コナン』の安室透が乗っている型は啓介と同じ三代目の「FD」なので、色は安室透が白、啓介は黄色と違いはあるが、大まかに見れば安室透と高橋啓介は同じ型のRX-7に乗っていると言えるだろう。

 

5.実は佐藤美和子警部補の愛車もRX-7だった

 

安室透 車

 

女性刑事として存在感がある佐藤美和子警部補の愛車も、赤のRX-7である。

 

佐藤美和子警部補は走り屋の聖地である群馬の峠に通い詰めていた過去があり、伝説のドライバー「銀白の魔女」として語り継がれていたので、「イニシャルD」の世界に登場していてもトッププレイヤーの走り屋だったかもしれない。

 

まとめ

 

安室透 車

 

安室透に関係するネーミングセンスは、『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイとその声優を務めた古谷徹さんから由来されるものが多いが、乗っている車やナンバーまでガンダム関係を連想させる徹底ぶりは素晴らしい。

 

安室透ほどのイケメンにRX-7という名車を合わせてくる所が、より安室透というキャラクターの魅力を引き上げていると感じないだろうか?

 

長い時を経てついに最終回の兆しが見え始めた『名探偵コナン』だが、今後も安室透のRX-7のドライビングテクニックが生かさたエピソードの登場を期待したいと思う。